エンタープライズコンテンツ管理

エンジニアリング文書管理にはECMが役に立ちます!

一般的な企業の年間のダウンタイムは800時間であると推定されています。ダウンタイム1時間当たりの損失コストは54万ドルにもなり、メンテナンス業務の非効率性と遅延が非常に大きな損害をもたらします。このようなリスクを軽減するためには、必要に応じて適切な情報を入手することが不可欠です。 多くの業界にとって

詳細 »

OpenTextとSAP S/4HANAで、非構造化データの価値を解き放つ

最近開催されたSAP®イノベーションフォーラムでは、主に2つの優先事項に焦点が当てられました。非構造化データの管理と処理、そしてSAP S/4HANA®への移行についてです。具体的には、 非構造化データを管理し、そこから価値を抽出する際の課題: IDCは、2025年までにデータ総量が163ゼタバイト

詳細 »

OpenText Extended ECM for Microsoft Office 365のRelease16 EP5の新機能

去る5月にMicrosoft® Office 365™用のOpenText™ Extended ECMの新バージョンをリリースいたしました。これは過去2年間の一連のリリースの最新版に当たり、SharePoint®をはるかに超えてOffice 365に対するExtended ECMの統合性を拡張するも

詳細 »

OpenTextがSAPユーザー向けのNo.1クラウドプラットフォームを強化

OpenText™とSAP®は、25年以上にわたってパートナーを組み、あらゆる業種・業態の5,000社以上の共通のお客様に革新的なソリューションを提供してきました。この戦略的パートナーシップにより、両社の強みを組み合わせることが可能になり、SAPとのコ・イノベーション、ロードマップ調整、開発の一段の

詳細 »

Fédérale Assurance、OpenText Exstreamでカスタマーコミュニケーション戦略を展開

ベルギーの保険会社Fédérale Assuranceは、毎年1,000万ページに上るカスタマーコミュニケーション生成を、レガシーツールからExstreamに移行。タイムツーマーケット短縮、IT依存削減、既存システムとの簡単なインテグレーションを実現。またタブレット用のモバイルアプリもExstrea

詳細 »

インドをリードする生命保険会社DPLI、全社デジタルトランスフォーメーションにOpenText を採用

インドで最も先進的な生命保険会社の1 つであるDHFL Pramerica Life Insuranceは、AppWorksを活用して、コア契約管理システム(PAS)とコンテンツ管理システムをカスタマイズなくシームレスにインテグレーションし、新契約から保険料請求と収納、ルールベースによるSTPに至る

詳細 »

OpenText Captiva Intelligent Captureが業界のベンチマークとなっている件

OpenText Captivaが買収されて2年が経ちました。この間にも進化は続き、OCR / ICRではOpenText™ Capture Recognition Engineがデフォルトエンジンとなり、RESTベースのオープンなAPIによるエンタープライズインテグレーションも提供されています。

詳細 »

製造業におけるデジタルトランスフォーメーションを推進するキーファクター

デジタルトランスフォーメーションの競争は、かつてなく激しいものとなっています。企業は、売上の拡大と競争優位のために、ビジネスモデルとオペレーションを迅速に進化させる、新たなテクノロジを採用しています。IDCの新しいInfoBrief、Digital Transformation in Manufac

詳細 »

OpenText AppWorks Release 16 EP5でエンタープライズ情報をプロセスに接続

あらゆる組織が、継続的なイノベーションや魅力的なユーザーエクスペリエンス提供など日々要求される現在の状況に対応するため、そのビジネスプロセスを再検討しています。大きな課題の1つは、貴重な情報が組織全体に広く存在するバラバラなシステムとアプリケーションに散在し、サイロとプロセスの非効率を生み出している

詳細 »

必読: 2018 Gartner Magic Quadrant for Content Services Platforms

Gartnerのとても尊敬されているアナリストが、毎年コンテンツ管理セクターに対する評価を公表しています – Gartner Magic Quadrant for Content Services Platformsです。 ECM、あるいはコンテンツサービスの領域に関わる方には、一読されることを強く

詳細 »
Close