ECM

エンタープライズコンテンツ管理

コンテンツサービスの新たなイノベーション

先ごろ、フォレスター・リサーチ社は、コンテンツサービス技術の状況に関するレポート「The Forrester Wave™ Content Platforms, Q2, 2021」を発表しました。 このフォレスター・リサーチ社のレポートは、コンテンツサービスの分野が進化している現状の分析に加え、新しい

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

電子帳簿保存法改正で二極化する文書管理基盤

昨年末に発表された令和3年度税制改正大綱で電子帳簿保存法の改正が発表され、その要件緩和の大胆さに皆様も驚かれたことと思います。電子帳簿保存法は過去にも何度か要件緩和を重ねてきており、そのたびにスキャナ保存を中心とした国税関連書類のペーパーレス化に取り組む企業が増加してきました。今回の改正では、「かつ

詳細 »
エンタープライズ情報管理(EIM)

エッセンシャルワーカーを支えるドキュメント管理

石油や鉱物などの採掘産業、電気・ガスなどのエネルギー産業は、社会インフラを支える重要な産業です。こうした、かつては重厚長大とも言われた資本集約型産業の保守運用担当者は、新型コロナウイルス感染症の拡大による大きな制約を受けながらも、ニューノーマルに対応した業務の遂行を迫られています。 私たちが身を守る

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

Work from Anywhereの実現

新型コロナウイルスの影響が拡大する中、各社テレワークへの取り組みが本格化しています。 弊社も、4月7日(火)に発令された緊急事態宣言を受け、全社をリモートワーク体制へと移行させましたが、実はすでに1月末から社員向けの注意喚起を行い、時差出勤やテレワークを推奨してきていたこともあり、緊急事態宣言を受け

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

エンジニアリング文書管理にはECMが役に立ちます!

一般的な企業の年間のダウンタイムは800時間であると推定されています。ダウンタイム1時間当たりの損失コストは54万ドルにもなり、メンテナンス業務の非効率性と遅延が非常に大きな損害をもたらします。このようなリスクを軽減するためには、必要に応じて適切な情報を入手することが不可欠です。 多くの業界にとって

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

必読: 2018 Gartner Magic Quadrant for Content Services Platforms

Gartnerのとても尊敬されているアナリストが、毎年コンテンツ管理セクターに対する評価を公表しています – Gartner Magic Quadrant for Content Services Platformsです。 ECM、あるいはコンテンツサービスの領域に関わる方には、一読されることを強く

詳細 »
Close