OpenText Media Management 21.2の新機能

コラボレーションと使いやすさによる生産性の向上

オンラインビジネスを展開する上で、多くの企業がより顧客へのアテンションを高める画像やビデオなどのデジタルアセットに対する需要の高まりに直面しています。より多くのボリューム、より大きなファイルサイズ、より多様なフォーマット、新しいコンテンツプロバイダー、および急増する流通チャネルを管理するには、堅牢で効率的なプロセスが必要です。高性能で用途の広いデジタルアセット管理プラットフォームの必要性はかつてないほど高まっています。しかし、予算が限られている時代には、企業はテクノロジーであれ人員であれ、既存および新規の投資から最高の価値を確実に得られるようにする必要があります。

OpenText™ Media Management 21.2のイノベーションは、新規および既存のお客様に新しい選択とよりよい価値を提供します。以下に21.2の新しい機能をご紹介します。

アセットの360度ビュー

360度のインタラクティブプレビューが可能です。小売業で一般的に使用されているフォーマットを管理することで、アセットを作成するためのサードパーティソフトウェアへの依存を排除し、コストを削減します。

ビジュアルレビューでプロセスを合理化

アノテーション(修正箇所の指定)による簡潔で詳細なフィードバックにより、レビューサイクルの時間を節約し、生産性を向上します。社外の制作会社とのアセットの校正など、ビジュアルなレビューと承認が必要なアセットの確認が容易になります。

「お知らせ」機能によるユーザーへの通知

ユーザーグループごとに、ホームページにお知らせを表示します。管理者はお知らせの公開を簡単にスケジュールし、期限を設定することができます。メンテナンスやヘルプページのガイドなどをユーザーに通知し、ビジネスやITとの調整を行います。

また、Media Managementはバージョンアップを重ね、ユーザーインターフェースとビジネスツールの改善により、使いやすさが向上し、一般的なタスクの自動化が可能になるため、チームの生産性が向上しています。以下に21.2が提供するその他の便利な機能をご紹介します。

新しい「ホームページデザイン」と「モザイクギャラリービュー」

クリエイティブユーザーは、魅力的な環境で最高のパフォーマンスを発揮します。それがMedia Managementの各新バージョンにユーザーエクスペリエンスの改善が含まれる理由です。最新のリリースでは、柔軟性が高く、新しい使い勝手のよい「ホームページ」デザインと、ビジュアルに最大限の焦点を当てた新しい「モザイクギャラリービュー」が導入されています。どちらの変更もユーザーが優先タスクをより迅速に開始できるように設計されています。

コレクション

アセットをコラボレーションおよび配布するための新しい方法を紹介します。コレクションは、ユーザーが任意のアセットを収集し、オプションで他のユーザーと共有できる、従来の「ライトボックス」が進化した機能です。コレクションのキュレーションを支援したり、アセットの表示のみに制限することもできます。コレクションは、特定のユーザーまたはグループへアセットを配布する簡単な方法を提供します。Digital Hub for Media Managementと組み合わせて、コレクションを社内または社外のマイクロサイトに公開し、より広いコミュニティへ簡単にアセットを配布することもできます。

デジタルアセット管理の自動化

Media Managementの「ジョブモデラー」は、ユーザーが独自のプロセスをすばやく構築および公開できる統合ワークフローエンジンです。これにより、複雑で反復的なタスクの自動化を容易にし、組織の一貫性を向上する、より適切に管理されたシステムを実現します。

インテリジェントな検索でROIを向上

ヒストグラムに基づく、色によるフィルタリングが可能です。従来のAIの自動メタデータ付与による検索の利便性に加え、色による感覚的な検索性を強化し、これらのインテリジェントな検索により、リポジトリ全体のアセットの利用を促進します。

「ディープズーム」による時間の節約

「ディープズーム」機能は、高解像度のプレビューを生成し、今まで見逃したかもしれない詳細な画像確認ができます。Media Managementのユーザーインターフェースで画像を拡大し、特定の領域をより詳細に確認できるため、アセットをユーザーのデスクトップにダウンロードする必要がなくなり、時間の節約と生産性の向上が期待できます。

レポート

新しく改善されたレポート機能により、柔軟なレポートとスタイリッシュなダッシュボードを通じて、ユーザーの利用状況とシステムパフォーマンスを簡単に追跡できます。DAMでのデータとレポートの重要性は高まっており、この新しいフレームワークは、データ主導の意思決定を改善するための強力な基盤を提供します。

さらに詳しく知りたい方へ

OpenText Media Management 21.2は、ユーザーエンゲージメント、創造性、生産性を最大化するための優れた新しい方法を導入しています。上記のハイライトに加えて、他のアップデートの幅広いポートフォリオは、こちらをご覧ください。

Takashi Oguchi

オープンテキスト株式会社 ソリューションコンサルティング本部/シニアソリューションコンサルタント SI企業でシステム開発を経験した後、インターネット黎明期の代表企業であるNetscape社に入社。その後、Webコンテンツ管理の先駆けであるInterwoven社を皮切りに、Autonomy社やHP社でのコンサルティング業務などを経て現職。CMSやDAMを活用したデジタルマーケティングの促進支援など、日本におけるカスタマーエクスペリエンス(CX)の改善支援に20年近く従事。

関連記事

Close