Grayson Milbourne

Grayson Milbourne は、OpenTextのOpenText Cybersecurity部門のセキュリティインテリジェンス ディレクターです。20年近くセキュリティインテリジェンスの専門家として、マルウェア分析、データサイエンス、セキュリティ教育に携わってきました。現在は、自社のセキュリティ管理製品 (Webrootポートフォリオを含む) に対して、最先端の脅威を確実に防御するための有効性の向上に注力しています。長年にわたりセキュリティ製品のサードパーティテストの改善を提唱しており、マルウェア対策テストや標準化に取り組む組織AMTSO (Anti-Malware Testing and Standards organization) にてOpenTextセキュリティソリューションの代表を務めています。Graysonの尽力により、AMTSOはテスト品質を大幅に向上させるためのテスト標準をリリースしました。また、セキュリティ コミュニティにも積極的に参加しており、RSAやVirus Bulletinなどの主要イベントでの講演を通じて、現在の脅威に対する意識向上に努めています。地元のNBC系列局やいくつかのサイバーセキュリティ ポッドキャストにも頻繁にゲスト出演しています。サイバー脅威から人々を守るという情熱とともに、航空愛好家でもあり自家用操縦士のライセンスを所持。趣味として戦略的ボードゲーム、スキー、ゴルフを嗜みます。妻のダニエルと2匹の猫セオドアとエイデンとともにコロラド州ルイビル在住。
サイバーセキュリティ

OpenText Cybersecurityの2023年グローバルランサムウェア調査:リスク認識のギャップ

サイバー環境は驚異的なスピードで進化を続けています。攻撃は日々増加し、より巧妙化しています。サイバーセキュリティにおける大規模言語モデル(LLM)と生成AIの使用はまだ初期段階にありますが、これらの技術により、スキルセットの低い攻撃者であっても、悪意のあるコードを生成することで新たな能力を獲得でき、

詳細 »
サイバーセキュリティ

なぜサーバーの移行は難しいのか?

世界的コロナ危機で余儀なくされたリモートワークへの移行は、今日利用できる堅牢なクラウド・インフラストラクチャなしには不可能であったでしょう。ある調査によると88%を超える企業がクラウドを利用し、25%がすべてのアプリケーションを来年中にクラウド環境に移す予定であると答えています。このような動きは、コ

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

INPEXはOpenTextを採用し、振替伝票や債権債務に関する伝票を電子化

エネルギー開発の国内最大手として、石油・天然ガスの探鉱・開発・生産を中核とした事業を展開する株式会社INPEX。同社はコロナ禍を契機に、債権債務に関する伝票の電子化を決断。SAP ERP とシームレスに連携するOpenText Archiving and Document Access for SA

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

SAP クラウドへの移行を加速する方法

テクノロジーの状況が絶え間なく変化する中、ますます多くの組織が業務をクラウドに移行しており、その多くが RISE with SAP の一環として SAP と連携しています。これらの組織では、クラウドが提供するすべての機能を受け入れるために、まず、残された数十のアプリケーションと、これらのアプリケーシ

詳細 »
Business Network

サプライチェーンにおけるリスク管理の重要性とサプライチェーンコントロールタワーについて解説

サプライチェーン内でトラブルが起こると、サプライチェーン全体の動きが止まり、大きな損害が発生する恐れがあります。 そのため、強靭なサプライチェーンの構築には、徹底したリスク管理のもと損害を抑える仕組みや能力を備えることが重要です。本記事では、サプライチェーンが抱えるリスクやリスク管理について解説しま

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

SAP SuccessFactors を拡張して人事文書の管理を自動化&ペーパレス化

コストを削減し、従業員エクスペリエンスを向上させる具体策 世界中の人事担当者と IT リーダーは、紙ベースの人事文書の管理からの脱却を模索しています。紙で保管された文書や、サイロ化された雇用ファイルを維持・更新するには、専門知識と追加の予算が必要です。エネルギー危機によるコスト高と労働力不足により、

詳細 »
Business Network

購買調達業務のDX化とは?企業が購買調達業務のDX化を進めるべき理由

近年、ビジネスにおけるさまざまな場面でDX化が求められています。このことは、購買調達業務においても例外ではありません。むしろ、購買調達業務こそDX化が必要な業務だ、ともいえます。 そこで今回は、購買調達業務におけるDX化とはどういうことか、なぜDX化が必要なのか、DX化を進める際に気を付けるべきポイ

詳細 »
Business Network

サプライチェーンを可視化させる必要性や可視化を進める方法について解説

サプライチェーンの可視化とは、サプライチェーン全体の構造と動きを見えるようにすることです。これにより、問題・課題の発見やリスク対策をはじめとした強靭なサプライチェーンを構築することができます。 近年は、サプライチェーンの原材料費の高騰による調達コストの削減と利益率の向上やリスク対策による安定調達のた

詳細 »
Business Network

サプライチェーンのレジリエンスとは?注目されている背景やレジリエンスを高める方法を解説

サプライチェーンにおけるレジリエンスとは、予測せぬトラブルや災害が起きた際にサプライチェーンへの影響を最小限に抑え、迅速に修復・回復させる能力を指します。ここ数年の不安定な社会情勢によって、以前よりも大きく注目されるようになりました。 この記事では、サプライチェーンにおけるレジリエンスが注目される背

詳細 »
Business Network

サプライチェーンコントロールタワーとは?仕組みや世界規模での需要について解説

昨今の変化が激しい社会情勢のなか、多くの企業でサプライチェーンの見直しが必要とされています。より効率的かつトラブルに強いサプライチェーンを構築するための仕組み・考え方として注目されているものが「サプライチェーンコントロールタワー」です。 この記事では、サプライチェーンコントロールタワーの概要や仕組み

詳細 »
Back to top button