レポート、ダッシュボード、帳票… 新システムのアウトプットは大丈夫?

まさかモバイルと多言語への対応が漏れてはいませんよね

いまこの瞬間にも、あらゆる業界の新旧さまざまな企業が、ビジネスニーズに応えるためのシステム開発を企画、検討していることは、間違いありません。企業内でひとつしかプロジェクトがないはずもなく、同時に複数のプロジェクトが並行して進められていることでしょう。

そこにはきっと、レポートやダッシュボード、あるいは帳票といったアウトプットがあるはずです。もしかすると全体の構想の中では、操作やフロー、接続やデータベース設計に追われて、後回しにされているかもしれません。確かにシステムをドライブするコア機能とは言えませんが、ユーザーにとってはエクスペリエンスと使い勝手、ある場合にはシステムの利用価値を規定する重要な要素です。

適切なレポートがない?  さくっとダッシュボードで状況を確認できない?  顧客に届ける書類の変更に数か月かかる?

別途BIツールで分析する? 仕様追加、変更? その分の負担、それができるまでのロスは、システムを実装した際の欠陥でしょう。と、ビジネスサイドは叫びたいはず。

いまどきレポートやダッシュボードがモバイルで確認できない? 顧客には印刷物しか届けられない? 日本語しかダメ? はあ?

まさかそんな仕様になっていたとは…。 素人か! ビジネスは、叫びたい。

大丈夫! ここさえ押さえれば!!

新システムのアーキテクチャを構想する際に、目的と用途に応じた帳票テクノロジー基盤を忘れずに組み込んでおけば、心配はご無用。たとえプロジェクトが終盤に差し掛かっても、きっちり実装することができます。

Magellan BI & Reporting : レポート/ダッシュボード基盤

オープンソースのBIRTが、含むエンタープライズ向けに拡張されたMagellan BI & Reportingなら、ダッシュボードもモバイルも、多言語対応も万全。ビジネスユーザーが納得する見える化を簡単に実現できます。

Magellan BI & Reporting
ひとつのデザインで多言語に対応したレポートやビューティフルで直感的に把握できるダッシュボードも簡単に提供

グローバルなステークホルダーがインサイトを活用するために、欠かせませんね。

Exstream : 顧客向け帳票基盤

パーソナライズされた文書を顧客に届けるなら、Exstream。多言語で、Eメールでも、モバイルアプリに組み込むHTMLでも同時に提供できます。

Exstream - Multi Channel、Multi Language
Eメール、Web/モバイル、PDF。日本語でも英語でも。ひとつのデザインで。

より広い顧客をターゲットにしてビジネスを成長するためには、欠かせませんね。

いまからでも2020に間に合いますよ

 

Nobuaki Kakimoto, EDP

Nobuaki Kakimoto (柿本 伸明) は、CCM、CEMそしてCaptureをリードするソリューションコンサルタント(SC)です。IT業界では、Hewlett-Packard (HP)やOpenTextなどで、会計やCRMなど多方面に渡る25年以上の経験があります。日本マーケティング学会(JMA)会員であり、分かりやすいデザインを目指すUCDA (Universal Communication Design Association)認定資格に加えて、Xplor Internationalによる日本初のEDP (Electronic Document Professional)としても認定されています。

関連記事

Close