企業情報を包括的に管理・活用するECMソリューション

証憑の電子化によるデジタルトランスフォーメーションの実現

あらゆる「モノ」や「コト」をデジタル化し、今までの業務やビジネスモデルをまったく新しいものに変換する「デジタルトランスフォーメーション」。そのボトルネックとなっているのが、注文書、請求書、契約書など、「非構造化データ」と呼ばれるビジネスコンテンツです。ビジネスコンテンツは、紙のままファイリングされていたり、従業員のパソコンの中やファイルサーバーの奥深くに眠っていたりと、有効に活用されていないことが多く、宝の持ち腐れとなっています。OpenTextでは、企業内で作成、取得したビジネスコンテンツを包括的に管理するECM(Enterprise Content Management)ソリューションを通して、企業のデジタルトランスフォーメーションの実現を支援します。

デジタルトランスフォーメーションを実現するたに克服すべき経営課題

デジタルトランスフォーメーションによる成長を目指す企業において、現在抱えている経営課題は以下の4つにまとめることができます。

  1. 売上の向上
    市場の成熟とサービスのコモディティー化で他社との差別化が難しくなる中、顧客体験の向上が重要性を増しています。近年は、デジタルマーケティングによって顧客とのタッチポイントを多様化し、デジタルコンテンツを活用した顧客とのエンゲージメントを高めることが求められています。また、顧客とのエンゲージメント強化に加え、デジタル化によって、新規顧客や市場へのアプローチが従来よりも容易になるという点が認められています。
  2. コスト最適化
    労働環境が変化し、働き方改革や労働時間の短縮化が求められる中、業務の自動化・機械化の加速によって生産性を高めていかなければなりません。そして従業員をより高度な業務へとシフトし、付加価値を高めることがコストの最適化につながります。それらを実現するためには、間接業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)など、従来のパーパレス化やe文書などから一歩進んだ形でデジタル化を進め、日々の業務を効率化していく必要があります。
  3. イノベーション
    イノベーションの実現には、情報の検索性や、情報共有のスピード化、情報の活用が欠かせません。例えば近年、3Dプリンターの登場でプロトタイプを短時間に作成して、スピーディーにアイデアの実現性を検討できるようになりました。しかし大容量の図面データをやり取りする手段は依然として物理メディアを使うことも多く、短時間に情報の共有ができません。その他にも動画や静止画などのコンテンツが増え、データの大容量化が進んでいます。イノベーションには、これらのコンテンツを業務プロセスと結び付け、誰もが利用できる環境を作ることが欠かせません。
  4. リスク管理
    企業が扱う証憑類の中には、相手先企業の機密情報や個人情報が含まれています。そのため、機密情報漏洩対策や法令遵守の徹底は必須です。EUでは2018年5月に「EU一般データ保護規則(GDPR)」が施行され、日本企業も個人データの保護にはより慎重な対応が求められるようになりました。平時から情報保全対策は徹底し、さまざまなリスクに備えておかなければなりません。

非構造化データをビジネスプロセスと結び付ける情報管理プラットフォーム

これらの4つの課題を解消し、デジタルトランスフォーメーションを補完するポジションにあるのがOpenTextのECMソリューションです。

導入事例も含めた、最新ソリューションに関する詳細は、下記のセミナーでご確認ください。

<SAP NOW Lunchセッションにて、注目の導入事例をご紹介!>
NS-03 ネットワンシステムズ(株) 様の全業務プロセス・情報のデジタル化による
ビジネス変革の推進 -SAP Extended ECM by OpenTextがもたらす価値-

オープンテキスト株式会社
EIM エバンジェリスト
市野郷 学

Manabu Ichinogo

Manabu Ichinogo is EIM Evangelist at OpenText Japan.

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Close