Re Think : インダストリー4.0 ~飛躍に向けた課題とは?~

COVID-19以前から、インダストリー4.0の技術は、世界中の製造業の変革に大きな影響を与えていました。今では、IoT、AI、アナリティクス、自動化などのソリューションが、まったく新しい重要性を帯び、組織のデジタルトランスフォーメーションの推進を大きく加速させています。製造業におけるインダストリー4.0の発展は、今年のOpenText™ World Japan 2021の焦点にもなっています。

インダストリー4.0の成長

Qurate Researchによると、その市場規模は2018年の680億ドルから2025年には2050億ドルを超えると予測されており、多くの製造業がデジタル技術の採用を拡大させていることが明らかとなっています。

情報技術(IT)とオペレーション技術(OT)の進歩で、効率化とイノベーションを推進する環境が整ってきたことにより、テクノロジーは高度に自動化されたデジタルワークフローを提供し始めています。

パンデミックは、事実上すべての製造業者の業務環境を変化させました。マッキンゼーは、パンデミックから抜け出すためには、インダストリー4.0の採用が成功の鍵になると示唆しています。

COVID-19が大きく針を動かした

マッキンゼーによると、デジタル化が進んでいるメーカーほど、危機に対応できる体制が整っていたとのことです。早期にサプライチェーンを回復させた企業を例にとると、業界リーダーの39%がインダストリー4.0のソリューションを導入し、サプライチェーンの可視化と柔軟性を獲得するためのコントロールタワーを構築していたことがわかりました。

しかし、ビジネスの回復力は、インダストリー4.0が果たした役割の一部に過ぎません。製造業がリモートワークを導入したスピードは驚くべきものでした。私たちは日々の業務とサプライチェーン全体で、これまで以上に自動化が進んでいることを目の当たりにしています。

デジタルトランスフォーメーションの加速

COVID-19は、私たちを新たな道に導いたのではなく、前進をさらに加速させました。数年前のデロイトの調査によると、調査対象となった製造業組織のうち、インダストリー4.0のような新たなビジネスモデルに対応するための準備が「非常に整っている」と評価したのはわずか20.7%に過ぎませんでした。

しかし、Manufacturing Leadership Council の最近の調査では、調査対象者の 45% がパンデミックに対応するためにはデジタル化が不可欠であると答え、さらに 53% がこれまでの経験から インダストリー4.0 の採用が加速すると予想しています。

具体化への多くの疑問

しかし、インダストリー4.0のソリューションを採用する企業にとっては、まだまだ長い道のりが待っています。現在のパンデミックは、これまでの答えと同じくらいの多くの疑問も投げかけています。

  • オペレーションとサプライチェーンのレジリエンスをどのように構築するのか?
  • 完全に自律的なサプライチェーンはすぐそこまで来ている?
  • 完全なリモートワークやハイブリッドワークへの準備に必要なことは?
  • 予算が縮小している中でイノベーションを維持するには?

OpenText World Japan 2021に参加してみませんか?

今年のオンライン OpenText World Japan 2021では、まさにこのような質問にお答えします。ご登録はこちらから

OpenText World Japan 2021開催概要】

  • 日時:2021年2月9(火)13時~14時30分
  • 会場:オンライン開催
  • 主催:オープンテキスト株式会社
  • イベントサポーター:一般社団法人CDO Club Japan他
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 公式ウェブサイト: https://resources.opentext.com/opentext-world-japan2021
  • お申込み方法:公式ウェブサイトより事前登録の上、ご参加ください。
  • ブレイクアウトセッションB:「環境変化へいかに対応するか?不測の事態にもビジネスを止めない強靭な調達ネットワークのあるべき姿とは」

関連記事

Close