SAP

エンタープライズコンテンツ管理

SAPコンテンツのクラウド・アーカイブとは?

あらゆる業界で何テラバイトもの新しいデータが日々増加し続けています。それは、世界中のITエキスパートたちがストレージを増設する速度よりも早く、ディスクやデータベースを日々埋め尽くしています。 この問題の解決策とは何でしょうか? クラウドへのアーカイブ、これが答えです。 オンプレミスのストレージコスト

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

オープンテキスト、ガートナー社2021年版「コンテンツサービス・プラットフォーム分野のマジック・クアドラント」レポートでリーダーの1社と評価

ガートナー社は「コンテンツサービス・プラットフォーム分野(Content Services Platforms/CSP)のマジック・クアドラント」を発表しました。 「2021 Gartner Magic Quadrant for Content Services Platforms」 「2021 G

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

南米の大手金融機関はOpenTextでSAPの導入を強化

コロンビアの国営インフラ開発銀行であるFinanciera de Desarrollo Nacional (FDN)は、交通・エネルギー、教育、医療などコロンビアの各種インフラ事業に対する金融支援を行っており、コロンビアの国民や産業界に多くの恩恵をもたらしています。 包括的で正確な文書管理 FDNが

詳細 »
カスタマーエクスペリエンス管理

期待を超える顧客体験とは?

過去1年間で、私たちは友人や家族、同僚とのコミュニケーション方法を大きく変えました。このような変化は、消費者とブランドの交流にも大きな変化をもたらしています。消費者はブランドとどのように接するのか、そしてそのブランド、つまりあなたの会社は、顧客とどのように関わるのか、この時代に必要なソリューションを

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

さらに進化するコンテンツサービス

2020年に起きた出来事は、業務の進め方や働き方に急激な変化をもたらしました。これらの変化は、情報へのアクセス、プロセスの安定性、ガバナンスの確保といった従来型の企業情報管理の弱点を明らかにしました。 ガートナー社が昨年発表した下記のレポートは、コンテンツサービス・テクノロジーがこの新しい世界での生

詳細 »
エンタープライズ情報管理(EIM)

エッセンシャルワーカーを支えるドキュメント管理

石油や鉱物などの採掘産業、電気・ガスなどのエネルギー産業は、社会インフラを支える重要な産業です。こうした、かつては重厚長大とも言われた資本集約型産業の保守運用担当者は、新型コロナウイルス感染症の拡大による大きな制約を受けながらも、ニューノーマルに対応した業務の遂行を迫られています。 私たちが身を守る

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

HXMが推進する戦略人事への変革

経営戦略や事業戦略に人材マネジメントを連動させる「戦略人事」の重要性が叫ばれています。 人事部門には従来の管理業務だけでなく、企業の事業戦略に合致した優れた人材を採用し、適切なトレーニングでパフォーマンスを向上させ、定着を促す充実した福利厚生を提供する。人事部門には、こうしたすべての従業員が能力を発

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

OpenTextとSAP S/4HANAで、非構造化データの価値を解き放つ

最近開催されたSAP®イノベーションフォーラムでは、主に2つの優先事項に焦点が当てられました。非構造化データの管理と処理、そしてSAP S/4HANA®への移行についてです。具体的には、 非構造化データを管理し、そこから価値を抽出する際の課題: IDCは、2025年までにデータ総量が163ゼタバイト

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

OpenText Extended ECM for Microsoft Office 365のRelease16 EP5の新機能

去る5月にMicrosoft® Office 365™用のOpenText™ Extended ECMの新バージョンをリリースいたしました。これは過去2年間の一連のリリースの最新版に当たり、SharePoint®をはるかに超えてOffice 365に対するExtended ECMの統合性を拡張するも

詳細 »
エンタープライズコンテンツ管理

OpenTextがSAPユーザー向けのNo.1クラウドプラットフォームを強化

OpenText™とSAP®は、25年以上にわたってパートナーを組み、あらゆる業種・業態の5,000社以上の共通のお客様に革新的なソリューションを提供してきました。この戦略的パートナーシップにより、両社の強みを組み合わせることが可能になり、SAPとのコ・イノベーション、ロードマップ調整、開発の一段の

詳細 »
Close