オープンテキスト | OpenText Japan Blog

OpenText Release 16 EP3: ドライブ、エクステンド、エンパワー

OpenText Release 16 Enhancement Pack 3 (EP3)のベネフィットについて語るとき、私が使いたい言葉が3つあります。ドライブ、エクステンド、エンパワーです。

EP3は、2016年4月にローンチしたOpenText Release 16とその後のEnhancement PackであるEP1およびEP2の堅固な基盤の上に構築されています。 このエンタープライズインフォメーションマネジメント(EIM)基盤が、デジタルエンタープライズ内の情報の流れについて、企業にとって不可欠かつ包括的な視点を提供します。

近年統合したCovisintとGuidance Softwareの技術を取り入れることで、EP3はお客様のデジタルトランスフォーメーション推進をさらに支援します。 IoTプラットフォームとソリューションを通じて自動化することで、重要な情報資産の収集、管理、保護を新しい方法で企業にとって強力な武器となります。 また、当社のポートフォリオとお客様システムとの緊密な統合を特徴としており、企業の内外両方の情報フローの向上に貢献します。

EP3はどのように達成するのでしょうか? 3つの言葉に戻りましょう。

EP3 がエンゲージからインサイトまでドライブ

このリリースは、デジタルエンタープライズ内外にわたる情報のフローを次のように拡張します。

EP3 がエコシステムをエクステンド (拡大)

このリリースは、社内外のコラボレーションと統合の改善により、お客様に次のようなメリットを提供します。

EP3がエンドユーザーをエンパワー

エンドユーザーの生産性とエンパワーメントは、引き続きリリース16とEnhancement Packのフォーカスポイント。 EP3は次のように実現します。

ドライブ、エクステンド、エンパワー。このデジタル時代の今日、こうした機能によるメリットを享受できないエンタープライズは想像できません。 3つの言葉で示される拡張から、みなさんはどんなメリットが得られるでしょう?

EP3の詳細については、www.opentext.com/16 (英語)をご参照ください。

(当ブログは2017年11月7日に米国で発表されたOpenText Release 16 EP3: drive, extend and empowerブログ記事の抄訳です。一部の内容は日本では適用されない場合があります。)

モバイルバージョンを終了