オープンテキスト | OpenText Japan Blog

さらにインテリジェントでセキュア、よりコネクテッドな組織へ

世界中のお客様が、情報を活用してトレンドを予測し、競合他社を出し抜き、新たなチャンスを掴み、市場シェアを獲得しています。世界で最も幅広い情報管理ソリューションを提供するOpenText™は、これらのお客様が高度に統合されたデジタル組織に成長することを支援しています。

過日、発表したOpenText CE 21.2は、モダンワークを強化し、魅力的なエクスペリエンスを提供し、企業とサプライヤーを持続的に結び付け、サイバーレジリエンスを向上させる情報管理プラットフォームを提供します。

OpenText Content Cloud

CE 21.2を支えているのは、クラウドでのモダンワークを強力にサポートする新しいコンテンツサービス・プラットフォームです。OpenText™ Core ContentOpenText™ Core Case Managementは、マルチテナント型のクラウドサービスで、迅速かつ容易に導入でき、企業の基幹業務、部門、業界固有のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

Core Contentは、コンテンツ・サービス・プラットフォームにおける数十年にわたる経験、革新、リーダーシップを、マルチテナント型のクラウドSaaSとしてパッケージ化したものです。OpenText Core Contentは、SAP S/4HANA Public Cloudとすぐに統合できる唯一のコンテンツ管理アプリケーションです。このエキサイティングな新ソリューションは、信頼性、拡張性、セキュリティなど、クラウドのあらゆるメリットを提供するマルチテナント型SaaSソリューションの包括的なスイートを提供するという、オープンテキストのコミットメントに基づいています。業界をリードするSaaSコンテンツサービスアプリケーションのポートフォリオの一部として、Core Contentは、堅牢なコンテンツ管理機能と主要なビジネスアプリケーションへの統合を提供します。

またCore Contentは、コード不要のSaaSアプリケーションであるOpenText Core Case Managementと統合し、ダイナミックでコラボレーティブなケースベースの作業を自動化することで、よりスマートな意思決定と迅速なケース処理を実現します。コラボレーションと変化する状況への適応に必要な人材、コンテンツ、プロセスを結びつけることで、OpenText Core Case Managementは、ケースワーカーがより良い意思決定を行い、ワークフローやタスクをリアルタイムに作成、調整、監視するための適切なツールを提供します。

このソリューションは、コンテンツ管理、ケース管理、およびリードアプリケーションへの統合を組み合わせることで企業内の文書を、公式および非公式のビジネス・プロセスと関連させて管理するための統一されたアプローチを提供します。

その他の主なイノベーションとしては、OpenText™ Core for Federated Compliance to Microsoft Office 365のコンプライアンス機能が拡張され、オープンテキストとマイクロソフトのリポジトリにまたがる記録ポリシーとコンプライアンスの管理が支援されます。OpenText™ Extended ECMとOpenText™ Content Suite CE 21.2のユーザーは、さらなるコンテンツ処理の自動化、検索とアクセスの効率化など、デジタルおよびリモートワークプレイス向けに特別に設計された優れたユーザーエクスペリエンスを享受することができます。また、OpenText™ Documentum™とMicrosoft Teamsとの統合を深めることで、Teams内のコンテンツを効率的に利用・管理することができます。

また、業界向けの新しいソリューションとして、「Remote Access for Energy and Manufacturing」を発表しました。このソリューションは、中央レポジトリに保存されている関連するエンジニアリングコンテンツにリアルタイムで同期したアクセスを提供します。

OpenText Business Network Cloud

CE 21.2では、OpenText™ Trading Grid™に60以上のSAP S/4HANA APIコネクタが追加され、同期・非同期を問わずさまざまなSAP S/4HANA APIが利用できるようになりました。これにより、SAP S/4HAHAへの移行時の混乱を最小限に抑えながら、リアルタイムのデータフローが実現します。 さらに、Trading Gridのセルフサービス・テスト機能は、取引先のオンボーディング時間を短縮させ、テストテーブルの更新、マップの変更、構成の変更に伴うコストを削減します。

OpenText™ Internet of Things(IoT)では、現場でモバイルデバイスを使ったIoTエンドポイントの迅速なプロビジョニングを提供。新しい例外管理ダッシュボードは、大規模なデバイスグループ全体のマクロビューを提供し、IoTイベントによって作成されたビジネスルールに対するリアルタイムの例外にフラグを立てることで、管理プロセスを合理化します。

また、製造業向けの新しいソリューション「Asset Intelligence Tracking for Manufacturing」は、製造業者の資産に関する情報を提供し、資産損失の削減、物流の改善、効率化を支援します。

OpenText Experience Cloud

OpenText Experience Cloudは、カスタマージャーニー全体にわたって最新のエンゲージメントを提供するための単一のプラットフォームを提供しており、最新のアップデートでは、コネクテッド、オムニチャネル、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供するための優れたインサイトとアナリティクスを提供するように設計されています。OpenText Exstreamには、コンテンツとテンプレートを分析する新しいAIサービスが含まれており、テンプレートのメンテナンス、合理化、他のCCMソリューションからの移行が簡素化されています。

CE 21.2では、OpenText™ Media Managementのコラボレーションレビューツールが拡張され、フレーム精度の高いビデオマークアップとアノテーションが可能になっています。また、他のオーサリングアプリケーションに埋め込める新しいウィジェットにより、ユーザーはインテリジェントなアセットの推奨を受けたり、Webサイトでのアセットの使用状況を検索、配置、追跡したりすることができます。

また、リテール バンキング向けの新しいデジタル エクスペリエンス (DXP) ソリューションでは、顧客のアクティビティ、エンゲージメント、好み、優先順位に基づいたリアルタイムのコンテクスト エンゲージメントにより、あらゆるインタラクションの中心に関連コンテンツを配置することで、リテール バンキングが優れたデジタル エクスペリエンスを実現できるよう支援します。

OpenText Security & Protection Cloud

CE 21.2では、OpenText™ EnCase™ Forensicの光学式文字認識(OCR)をサポートしています。これにより、デジタル画像内の印刷された文字や手書きの文字の識別を自動化し、これまでインデックスを作成できなかった証拠を発見することができるようになりました。また、ソーシャルメディアの成果物のサポートも追加され、容疑者のブラウザ履歴から直接解析されたオンラインコンテンツを確認することができるようになりました。

OpenText™ EnCase™ Endpoint Securityでは、BrightCloud Threat Intelligenceにより、EnCaseが検知した脅威を分析する際に、何百万もの履歴や文脈の要素を利用することができ、ユーザーとエンドポイントの安全を確保します。 さらに、エンケース・エンドポイント・セキュリティは、リアルタイム・イベント・インサイトで不審なユーザー行動を検出し、MITRE ATT&CKフレームワークに沿ったカスタム・フィルターを使用します。

最後に、OpenText™ EnCase™ Information Assurance(旧Encase eDiscovery)には、新たにMicrosoft Teamsコネクタが追加され、新たな電子保存情報(ESI)ソースの検索・収集を容易にし、フォレンジックで法的に認められるフォーマットでデータを保存することができようになりました。

OpenText Developer Cloud

CE 21.2では、OpenText Developer Cloudの情報セキュリティが強化され、開発者が信頼できる強力なAPIを使ってアイデアを迅速に実現できるようになりました。新しいストレージ・セキュリティでは、ストレージにアップロードされたすべてのコンテンツが、厳格なアクティブ・アンチウイルスとアンチマルウェアのスキャンを経ることを保証します。 また、テナント管理のための管理機能を強化し、クロスサービスAPIコールのための認証を簡素化しました。これらの変更により、セキュリティと使いやすさが向上し、開発者の皆様の体験を総合的に改善します。

開発者は、OpenText IoT Platformの無料トライアルにアクセスすることで、IoTソリューションやユースケースの作成、テスト、検証を行うことができ、オープンテキストのIoT開発者による知見やガイダンスを得ることもできます。

最後にもうひとつ

最後になりましたが、OpenText Magellanファミリーにまもなく導入される予定の新しいAI&アナリティクスソリューションをご紹介します。この新製品は、オンプレミスやクラウドに関わらず、リスクのあるコンテンツや不適切なコンテンツを自動で検出、識別、分類、対処する方法を組織に提供します。OpenText™ MagellanのAIおよび機械学習技術を使用することで、リスクの高いテキスト、画像、ビジュアル、個人情報や機密性の高い個人情報を発見し、適切に対処することができます。

OpenText World Asia Pacificでお待ちしています

OpenText CE 21.2は、これまでで最もパワフルで、統合された、柔軟で安全な情報管理プラットフォームです。 OpenText World Asia Pacificにおいて、CE 21.2の主要なイノベーションをご紹介します。ぜひご覧ください。

モバイルバージョンを終了