オープンテキスト | OpenText Japan Blog

製造業におけるデジタルトランスフォーメーションを推進するキーファクター

デジタルトランスフォーメーションの競争は、かつてなく激しいものとなっています。企業は、売上の拡大と競争優位のために、ビジネスモデルとオペレーションを迅速に進化させる、新たなテクノロジを採用しています。IDCの新しいInfoBriefDigital Transformation in Manufacturingでは、製造業がデジタルトランスフォーメーションのパーフェクトストームの中心にあることを示すとともに、明日のインテリジェント コネクテッドオペレーションを創造するために、製造業が高度なEIM (Enterprise Information Management)をどのように活用しているかを概説しています。

製造業がクラウド、モバイル、IoT (Internet of Things)、といった、より破壊的なテクノロジーを受け入れるにつれて、フォーカスがビジネスアプリケーションから、それを支えるデータに移りつつあります。データを価値ある情報に変えることが成功への鍵となります。競争力を維持するために、企業はインフォメーションマネジメントへの統合アプローチを追求する必要があるのです。

製造業でデジタルトランスフォーメーションを推進する要因

InfoBriefに含まれているIDCの調査によれば、データ ドリブンのビジネスへのシフトを、製造業者は理解し始めています。調査によれば、回答者は主要なビジネスアプリケーション群を最適化するために、高度な分析を組み合わせた、オペレーショナルやトランザクショナルなデータの活用を模索しています。予想されるように、ERPが最も重要なアプリケーション(59%)とされ、MES (Manufacturing Execution Systems) (39%)やサプライチェーン管理 (38%)PLM (Product Lifecycle Management) (36%) がこれに続きます。

このようなアプリケーションの最適化を達成するためには、企業全体、そして、しばしばそれ以上に渡るすべての構造化データと非構造化データに対するエンタープライズビューが必要です。IDCはこのことを、情報の効果的なキャプチャ、管理、共有を可能とする統合データプラットフォームの必要性、を指すと言っています。

IDCは次のように述べています。「効果的なものとするためには、情報はさまざまな方向に流れる必要があります トップダウン、ボトムアップ、インサイド アウト、アウトサイド イン、従業員間ビジネス部門や、ビジネス ネットワークに渡っており、企業はデータ分析、トランザクショナルなコンテンツ、コンテンツ関連サービスを統合し、作成/受信されたコンテンツといったアクティビティについてのレポートを、簡単にアクセスできるダッシュボードで提供しなければなりません」

IDCが説明していることは、製造業におけるデジタルトランスフォーメーションを容易にするEIMプラットフォームの役割であることは明らかです。しかし、調査をすると統合データプラットフォームへの進捗は遅い、と回答者は認識しているというのです。今日、エンタープライズに接続するデータプラットフォームを持つ企業は1/3に満たず、サプライヤーと顧客に接続するプラットフォームを持つのは、わずかに10%を超えるに過ぎません。

IDCは、製造業者がデジタルトランスフォーメーションを続けていけば、これは急速に変化すると確信しています。特にインテリジェント コネクティッド ファクトリーやインテリジェント コネクティッド サプライチェーンといった領域でそうなるでしょう。

「統一データプラットフォームを実現することは、より良いビジネスインサイトによって、ビジネスがよりスマートに情報を活用して働けるようにすることで、生産性、完全性、カスタマーエクスペリエンスを向上するために、中心的な役割を果たします」とIDCは述べています。

インテリジェント コネクティッド ファクトリーへ

工場は可能な限り自動化され、人々はイノベーションとビジネスの再発明にフォーカスできるようになりつつあります。効果的な自動化のためには、ITOT(Operational Technology)の境目が、継続的に溶け合っていくことが必要です。IDCでは、ファクトリーテクノロジとエンタープライズシステムとの接続は、OTITを別のドメインとして持つ従来の組織の境界を解体するIoTレイヤーに基づいています。

スムーズでシームレスな情報のフローが不可欠です。IDCは次のように述べています。「ERP/PLM/MESといったビジネスアプリケーションではなく、情報それ自身がセンターステージへとなっています」

EIMは組織の境界を越えて透過的な情報の交換を簡単にするファシリテーターとなるでしょう。EIMは、より良いビジネス成果のためにOTITの間でのデータの伝送をアシストするインフォメーションハイウェイとして機能します。」と同社は続けています。

インテリジェント コネクティッド サプライチェーンの創造

伝統的なサプライチェーンの直線的なモデルは消えつつあり、コラボレーションとイノベーションを促進するデジタルエコシステムに置き換えられています。このエコシステムの中心にあるのは、パートナー、サプライヤー、顧客の間で、情報を安全に共有し、また活用する能力です。統合データプラットフォームは、これらの拡張サプライエコシステムに関わる全員を包含するように、工場の壁を越えて動作しなければなりません。

IDCは、次のように指摘しています。「デジタルトランスフォーメーションには、単に工場内の統合プロセスだけではなく、顧客との密接な結びつき、仕掛品と原材料に渡るコントロールを改善するためには、サプライヤー、顧客、製造組織の間の接続の強化が必要です。しかし、エコシステム内の柔軟性とアジリティの向上が期待されているでしょう。」

繰り返しますが、EIMプラットフォームは、工場からサプライチェーンへの情報の移動の基礎となります。コンテンツ管理、プロセス管理、トランザクション管理、高度な分析、といったEIMのコア機能が、製造業従来のプロセスからインテリジェント コネクティッド ビジネスプロセスへと移行するために不可欠、とIDCは確信しています。

製造業におけるデジタルトランスフォーメーションのより詳細については、Digital Transformation in Manufacturing (英文).をダウンロードしてお読みください。OpenText™ EIMを通して統合データプラットフォーム構築に貢献できることについて、ご関心があれば、ぜひご連絡をいただければと思います。

(当ブログは2019111日に米国で発表された ブログ記事「Key factors driving digital transformation in manufacturing」 の抄訳です)

モバイルバージョンを終了