オープンテキスト | OpenText Japan Blog

OpenTextはどのようにインテリジェントなコネクティッドエンタープライズの実現を可能にするか

成功を収めている企業は、インテリジェント(知的)で、コネクティッド(ネットワーク全体で情報が統合されている)な企業です。彼らは、出来るかぎり多くの情報源から、あらゆるフォーマットで保存されている情報を収集し分析して、意思決定を推進しています。これが「インテリジェント」の部分です。そして、人、デバイス、プロセスが、そのようにして得た情報と洞察を組織全体で共有、またパートナー、サプライヤー、顧客とも共有できるようにしています。これが「コネクティッド」の部分です。

OpenText では、企業がインテリジェントでコネクティッドになれるようお手伝いすることに全力を注いでいます。これには、情報が驚くべき速度で生み出され、コンプライアンスが絶対不可欠で、ハッキングやセキュリティ侵害の絶え間ない脅威にさらされている大規模で複雑な組織において、これまで以上に重要になってきているのです。言い換えれば、エンタープライズはインテリジェントでコネクティッドであることは競争上の優位性を得ることになると言えます。

お客様を成功に導き、また成功した状態を保つために、OpenText は本日、3 つの重要なイニシアティブを発表します。OpenText の次世代クラウドプラットフォームのための一連の新しいアプリケーション、OpenText Release 16 Enhancement Pack 5 (EP5)、OT2、そして OpenText Business Network Cloud 16.10 です。こうした革新的なテクノロジーは、持続可能で柔軟な情報集約型ビジネスの基盤を提供します。

OpenText Release 16

OpenText Release 16 の最新アップデートの注目すべき点は、EIM プラットフォーム全体のイノベーションです。ユーザーの受け入れを推進し、より深い洞察力を得ることを可能にし、人とプロセスを結び付けます。これらすべてが、セキュアで柔軟な導入環境で提供されます。

ハイライト:

OpenText OT2

OpenText は、インテリジェントでコネクティッドなエンタープライズはプラットフォーム上に構築されると信じています。OpenText OT2 は、EIM サービスとアプリケーション開発向けの柔軟な当社のハイブリッドプラットフォームで、情報管理および SaaS アプリケーションの開発と導入に役立ちます。OT2 アプリケーションは、ストレージ、セキュリティ、データモデルなど、OT2 プラットフォームで提供される共通サービスを利用しています。

今日、OT2 に新しく加わったアプリケーションをご紹介します。

OpenText Business Network Cloud 16.10

OpenText™ Business Network は、人、システム、モノのデジタルエコシステム全体で、効率的で、セキュアで、法令を遵守したコラボレーションを容易にするクラウドプラットフォームです。Business Network Cloud 16.10 では、予測分析の向上と e-Invoice コンプライアンスで、サプライチェーンのパフォーマンス最適化、リスク低減、法規制の遵守を促進します。新しいセルフサービス機能には、すでに OpenText ネットワークに接続している取引パートナーが、自社で接続や統合のプロビジョニングを行うこと可能にするセルフプロビジョニング機能が含まれます。また、このリリースでは、S/FTP ダイレクトコネクトアウトソーシング、および小規模の取引パートナーが顧客向けにドキュメントを掲載できる新しい Core™ for Trading Grid™ により、取引パートナーのテクニカル面の能力に関わらず、あらゆる取引パートナーへの接続が簡単にできるようになっています。

弊社は、これらのイノベーションがビジネスで成功を収めるための堅固な基盤をつくると信じています。ウェビナーに登録されれば、OpenText がお客様の組織がインテリジェントでコネクティッドなエンタープライズに生まれ変わるために、どのようなお手伝いできるのかをさらに詳しくご確認いただけます。

(当ブログは2018年11月7日に米国で発表されたブログ記事「 How OpenText powers the Intelligent and Connected Enterprise」の抄訳です)

モバイルバージョンを終了