カスタマーエクスペリエンス管理

インサイド OpenText Exstream – Part 6

これまではExstreamで何ができるか、いわばWhatをご紹介してきました。今回は、どうやってそれを開発するか、Howについて触れていきます。 Exstreamの開発は、GUIのデザイン環境で行います。 さっくりアジャイルに、きっちり厳密に テキストボックス、テーブル、画像、チャートといったオブジ

詳細 »

OpenText Experience Suite EP3:カスタマージャーニーをさらに向上

最新のリリースでは、響く・刺さるエクスペリエンスの作成が従来より簡単になりました。これによりカスタマージャーニーを向上し、お客様のブランドとのインタラクションを最大化します。 OpenText™ Release 16製品ファミリーのEnhancement Pack 3が、お客様のデジタルトランスフォ

詳細 »

インサイド OpenText Exstream – Part 5

デジタルマーケティングといえば、ビッグデータを、分析して、AIで、リコメンデーション… モバイルファースト… ちょっと待ってください。無味乾燥なデータを目にして、感じて、行動しますか? 私は違います。問題は中身とタイミング。画像や文字、動画といったコンテンツを、モバイルやPC

詳細 »

インサイド OpenText Exstream – Part 4

知られざる第3のユースケース Forresterはカスタマーコミュニケーションに3つのユースケースがあるとしています。このうちStructuredは、ほぼバッチにあたります。またOn Demandは、Webセルフサービスなども含むオンラインといえます。ではInteractiveとは? 今回はExst

詳細 »

インサイド OpenText Exstream – Part 2

Exstreamのユニークなテクノロジーから最初にご紹介するのは、データとコンテンツの取り扱い、そしてインテグレーションです。 日本で一般的な帳票ツールに馴染みのある方は、ほぼページ単位の帳票に対して、対応するデータを準備する必要がある、と思っているかもしれません。レポートツールも、単一のクエリーか

詳細 »

インサイド OpenText Exstream – Part 3

【連載第3回】は、ひとつのアプリケーションとデザインから複数の出力でデジタル化に即応するマルチチャネル機能について解説します。 Exstreamの際立った特徴のひとつが、単一のデザインとアプリケーションで、WebやEメールといった多様な出力と配信に対応するマルチチャネル対応です。 日本で一般的な帳票

詳細 »

インサイド OpenText Exstream – Part 1

2016年にOpenTextに加わったエンタープライズCCM (Customer Communication Management) ソリューションであるExstreamについて、「公開されている情報が少ない」とお叱りをいただくことがあります。確かにまとまった情報は公開されておらず、またマニュアル等

詳細 »

私のApple Watchが流通・小売業界へIoTの扉を開いた

IoT (Internet of Things)は、多くの業界で大きなインパクトを与え始めています。クラウド上でデータの通信、分析、共有できる、埋込型センサーを備えたコネクティッドデバイスのネットワークが IoTです。現時点では、流通・小売業界でのIoT活用はゆっくりとしたものですが、確実に起こり始

詳細 »

TeamSite 16.3でシングルページアプリケーションを最大活用

ウェブサイトデザインの一環としてシングルページアプリケーションを使用するのは、お好きですか? シングルページアプリケーションってちょっとクールですよね。今ではますます多くの人たちが、オンラインでのカスタマーエクスペリエンス強化の一環として、シングルページアプリケーションを採用しています。 ウェブペー

詳細 »

いまさらA/Bテスト? いまこそA/Bテスト!

WebサイトのA/Bテストは、いまやほぼあたりまえの取り組みとなっているのではないでしょうか。どんなに優れたWebデザインだと思っても、現実のユーザーの行動から検証して、さらに磨き上げていくのが当然のサイクルです。一方で一定の水準のデザインが一般化する中、ボタンの色を変えたりする、といったありがちで

詳細 »
Close